STARDUST can be found.

振り返らない。忘れるまでは。

出張・移動・睡眠

一昨日。アタシは、ひとまわりほど年下の部下と2人で出張だった。部下と2人きりで出張するのは初めてのことで、しかもその部下はモデルのような美人なので、一般的、社内的には役得だと思われる。しかしながら、基本的にコミュ障気味のアタシは道中の女性の部下への対応と出張先でどんな対応をしたら良いものかと考えてしまい前日の夜はあまり眠れないという情けない状況になっていた。

寝不足で電車に乗るまであくびが止まらないような状態ではあったけれども、部下を放置して大イビキで眠りこけても良いものか…、何の会話もないままだったら眠気を我慢するのも相当つらいだろうなと思っていた。

でもそんな心配は杞憂で、行きばかりでなく帰りの電車の中でも彼女は休みなく話しをしてくれたので、往復で5時間ほど話を聞く役割を果たした。

出張時の移動時間はほぼ睡眠にあてているアタシとしては、そのまま27時くらいまで起きてたのは結構頑張ったように思う。あと、とりあえず部下には嫌われていないようで良かった。