読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STARDUST can be found.

ごくたまに振り返るためのMEMO書きです。

笑えるか笑えないかは、リアクション次第。

お笑いで 

身体的ダメージ系

 

 芸人を落とし穴に落としたり、熱々おでんを顔につけたり、水槽に沈めたりするようなやつ。

精神的ダメージ系

 「デブ、ブス、ハゲ、いい歳して独身」などの、芸人の容姿やプライベートな事情を本人以外が指摘するやつ。

「デブ、ブス、ハゲ、いい歳して独身の人は笑いものにしていい」というテレビの常識はおかしくないですか - 限りなく透明に近いふつう

上記のようなネタを

笑えるか笑えないかは、リアクション次第。

 

そんな風に思います。

厚敦夫電計で、熱々おでん系で東野さんの頭にあんかけをぶっ掛けるというのが会ったように思いましたが、あれはけっこう楽しめました。

やられている芸人さんが辛そうな中でも、笑いの要素を出している場合ですね。

つらさしか見えないのは観たくなくなります。

イッテQの川村さんが酷い目に遭って本当になんだか可哀想な感じになるのは、観ていて「この人、本当に辛そうだな…」と感じさせるところが有り、また「川村さん、こんなんでお嫁に行けるのかしら…もらい手が引かないかしら」なんてことや親御さんが観たら悲しまないだろうかなんてコトを思ってしまうからでしょう。
まあ、大島親方さんあたりには「グダグダしてないではやくバンジーしろよ!」というイライラが募るので、アタシ的には、やられる人によるんだと思います。

 

でもまあ、お笑いというくくりが正しいのかわかりませんが、何度も観て笑うのはサンドウィッチマンのコント。他にアンジャッシュや東京03あたりがどのネタを観ても面白いなと思う次第です。

 

あ、あとハゲは馬鹿にしないでください。どうしようもないので。

はやくSTAP細胞で毛が生えるようになんねえかな~

 

 

小樽あんかけ焼そば事典

小樽あんかけ焼そば事典